公立高校も変わるべき

日比谷高校に復活の兆しがるようですね

昨年の東大合格者が53人と増えているんですよね

教え方もそうだけど、生徒自身も変わってきているんだとか

少子化で生徒の獲得が大変なのかもしれないけれど、やっぱり教育は質が大事ですよね

授業料を無償化したり、学べる環境づくりはとっても大事なのだろうけど

教わる側の意識が変わらないと日本の将来もないでしょう

一流大学に入って官僚とか起業家を目指す、受験戦争になるのかも知れないけれど

それって大事だと思うんですよね

全ての人が成功するわけでもないし、人の上に立ってリーダーシップを発揮できるはずもない

当然ふるいにかけられ、絞られて残った人だけがやっぱりエリートということになると思うんです

公立高校だって、進学と就職に昔は分かれていたように区別されていいと思うんです

日比谷高校に行けば東大とかに入れる可能性が増える

だから中学校から勉強して頑張っていく、今の子供には競争力というものをもっとつけさせた方が良いのでは

私は青色申告をしている個人事業主、最初起業した時は申告をどうしようかと考えてしまいました

企業仕立てだったし出費は極力抑えたいという思いは強かったんです

結局起業するときにお世話になった税理士さんに頼んだのですが、やっぱり専門家は違いましたね

何年かするとその税理士さんもう覚えたから自分でできるでしょと言って自分から身を引いたんですよね

でもその時の経験は今でも役立っています

四国の松山にもこんな気のいい税理士さんがいたんです

税理士というのは単に申告だけではなく、節税であったり事業の方向性まで示してくれることが大事なんです

松山で税理士を探すのなら松山 税理士が一番ですね