税理士は必要?必要じゃない?

会社を経営している人の多くは税理士を顧問契約を結んでいて、事業を営むのであれば税理士と顧問契約を結ぶことを書籍やセミナーなどでも推奨しています。
税理士をつけるとコストがかかってしまいますが、経理職員を雇うとなると税理士と顧問契約を結ぶ以上にコストがかかる場合もあります。
また税務署への対応に不安がある場合や、経営に集中したい場合には税理士と顧問契約を結んだ方がいいでしょう。
税理士をつけることで本業に集中することができ、そのため経営者の多くが税理士をつけているのです。
税理士をつけない経営者もいますが、顧問契約料が収益を圧迫する場合もあり、税理士とのやりとりが面倒と感じる人もいます。
税理士に渡す資料を整理する必要があり、通帳や契約書のコピーなど事務的な手間が結構かかるものなのです。
税理士をつけている会社の多くは決算・確定申告業務の作業を依頼している人が多く、この他に頼める業務には各種申請・届出書の作成、節税対策・税務スダン、資金調達などになります。
これから起業する人が税理士をつけるか悩みますが、税理士が必要か必要でないかは経営者次第です。