確定申告などをスムーズにするためにも税理士に相談を

終身雇用へのこだわりが少なくなったいま、いろいろな生き方ができる時代になりました。
独立・起業することも選択肢のひとつですよね。
そのためには、資金面も含めて入念な準備をする必要があります。
また、会社員時代にはあまり縁がなかった「確定申告」を自分ですることになります。
確定申告の時期は、毎年2月中旬からの1カ月間。
その間に、確定申告を済ませることが不可欠といえます。
また、この期間内に「申告所得税及び復興特別所得税」を納付する必要があるのです。
ちなみに、平成30年分の確定申告分の法定納期限は平成31年3月15日(金)です。
ただし、口座振替した場合は、振替日は平成31年4月22日(金)になるため、こちらを利用したほうがよいかもしれませんね。
なお、確定申告以外にも、予定納税(第1期・第2期)などがあり、それぞれに期限が定められています。
また、「消費税及び地方消費税」に関する情報も必要です。
このように、個人で仕事をするだけでも知るべきことは山ほどあります。
こういった問題をスムーズにするためにも、税理士に相談してはいかがでしょうか。
税理士事務所が手掛けるいろいろなプランを活用することで、日々の業務に専念することも可能です。